個人民事再生のデメリットはあるの?メリットは何?

個人民事再生とは?

あまり知られていないようですが、債務整理の方法には個人民事再生という方法もあります。自己破産というと、すべての借金がゼロになる代わりに、マイホームを含めて、最低限の生活を送れる程度以上の財産はすべて没収されてしまうという方法になります。一方で任意整理や特定調停は、基本的にそれまでの借金は支払うことになりますが、その後の利息の減免、返済方法を話し合って毎月の支払いを少なくするという方法になり、財産は失う事はありません。この中間的な位置づけの債務整理が個人民事再生です。
たとえば、マイホームは何とかして残したいが、任意整理や特定調停で返済できる程度の借金ではない、という場合に個人民事再生がいいでしょう。
個人民事再生の場合、債務総額の20%(上限300万円)、もしくは100万円、のどちらか多い方だけ3年間(場合によっては5年)で分割弁済していき、残りの借金に関しては免除されるというものです。そのため、例えば1,000万円の借金があった場合には、200万円を3年で分割弁済していき、残りの800万円は免除、400万円の借金の人は100万円まで分割返済し、残りの300万円は免除、1,800万円の借金の人は上限の300万円分割返済し、残りの1,500万円は免除されます。
ただし、個人民事再生の場合の借金は住宅ローンに関してはそのままになります。そのため、マイホームは手放すことがなく、その他の借金のみ減額されるという債務整理です。そのため、マイホームを残したい、住宅ローンはなんとか返済できる、という人は自己破産よりも個人民事再生がいいでしょう。

個人民事再生のメリット

個人民事再生のメリットとしては、まずは返済が楽になるということでしょう。個人民事再生の場合には、債務総額の20%(上限300万円)か、100万円のどちらか多い方の額だけ分割返済していくという方法になります。そのため、借金が100~300万円に減額になるという事です。そのため、毎月の返済が非常に楽になっていきます。
そして、なんといっても自己破産のようにマイホームなどの財産を手放さなくてもいい、ということでしょう。せっかく手に入れたマイホームを安い換価で没収されてしまっては、借金が帳消しになっても悲しいものです。個人民事再生なら、そのマイホームで生活をしながらも借金を減らすことができるのです。そして、自己破産のように免責が決定するまでの期間とはいえ、職業の制限、引越しや長期旅行の際には裁判所の許可が必要になるなど、いろいろな制約があるのですが、個人民事再生の場合には、そういった制約はありません。
また、民事再生手続きには約8~10ヶ月程度かかりますが、その間は債務の返済もストップします。そのため、その間だけになりますが、支払いが一切必要ないのです。そのため、執拗な取り立てやキツイ返済も手続きをするだけでなくなります。その期間に少しでも貯金をすることもできるでしょう。
そして、自己破産の場合には、借金の理由がギャンブルや無駄な浪費などと判断された場合は認められないケースがありますが、個人民事再生はこれらは関係ありませんから、誰でも申し出できるというのもメリットのひとつでしょう。

個人民事再生のデメリット

個人民事再生には、やはりデメリットもあります。まず第一に自己破産のように、すべての借金が帳消しになるという訳ではありません。あくまで、最低でも100万円(上限300万円)の借金は残り、3年間(5年の場合もあり)で返済していかなければいけなくなります。そのため、最低でも3万円、多い場合には8~9万円は毎月返済していかなければいけなくなります。そして、この減額になる債務には住宅ローンは含まれません。そのため、住宅ローンの返済が厳しい、額が大きい、という場合には個人民事再生をしても、毎月の支払額は変わらなくなってしまうケースもあります。そのため、しっかりどれくらいの減額になり、その後の返済はどれくらいになるのかをシミュレーションしなければいけません。
また、個人信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。俗にいうブラックリストです。そのため、5~7年間はクレジットカードは使用できなくなりますし、契約もできません。そして、その他のローンも組むことができなくなるのです。
また、ギャンブルなどの理由でも個人民事再生はできるのですが、継続的な収入が見込めないような人は認められない事があります。あくまで、3年間(または5年)で返済していくことになりますので、無職では無理です。
このように、一見、自己破産よりもデメリットは少なく感じますが、場合によっては自己破産の方がいい場合もありますので、よく検討してみる必要があるでしょう。

個人民事再生はどんな人が向いている?

個人民事再生が向いている人は、任意整理や特定調停しても借金は返して行けそうにないが、マイホームは手放したくない、守りたいという人でしょう。自己破産の場合には、マイホームや車(20万円以上の価値があるもの)など、財産は生活できる最低限度以外はすべて没収され債権者に分配されます。借金がすべてなくなる代わりに財産もすべてなくなるというわけです。せっかく手に入れたマイホームも手放すのではやはりショックは大きいでしょう。ですが、個人民事再生の場合、住宅ローンは残りますが、マイホームを手放すこともなくなります。そのため、個人民事再生後もマイホームで生活を続けることができるのです。
また、自己破産は誰でもできると思われがちですが、債務の原因のほとんどがギャンブルや買い物などの無駄な浪費であると判断された場合には免責が受けられない場合があるのです。個人民事再生の場合は、債務の原因は関係ありませんから、ギャンブルなどで借金を抱えてしまったという人は、個人民事再生が向いています。というか、任意整理や特定調停で債権者と交渉しても3~5年で返済できないような借金の額をギャンブルなどで作ってしまった人は、個人民事再生しかないでしょう。同様に、自己破産は免責が決定するまでの数ヶ月間、資格、職業制限があります。場合によってはその職場でクビになってしまう可能性もあります。そのため、そういった職業についている人は、その仕事を続けたいなら自己破産ではなく個人民事再生が向いているでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする