債務整理は誰に頼めばいいの?

債務整理はどこを選べばいい?

自分で債務整理を行う人は別ですが、特定調停以外、ほとんどの債務整理は司法書士や弁護士に依頼することになるでしょう。ですが、司法書士事務所、弁護士事務所もたくさんあり、テレビやラジオのCM、最近ではインターネットでもたくさんの事務所がホームページを開設し、ネットからも相談できるシステムを取っています。そのため、実際どこに依頼したらいいのか分からないということもあるでしょう。
まずは、司法書士に依頼するのか弁護士に依頼するのかを選びましょう。その上でどこの事務所がいいのかを決めることです。一番ベストな司法書士・弁護士は、やはり親身になって一生懸命取り組んでくれるところでしょう。司法書士・弁護士によっては、依頼は受けたものの、他のたくさんの依頼もあり、順番待ち、債務が少ないと後回しにされてしまうこともあります。また、司法書士・弁護士は何も債務整理ばかりを仕事としているわけではないので、場合によってはあまり債務整理に関しての知識や経験が豊富ではない人もいるでしょう。その他にも、高額な司法書士、弁護士費用を請求することもあります。
ただ、実際、債務整理は何度も行うものでもありませんし、司法書士や弁護士に依頼するというケースもあまりありません。そのため、内情はよくわからないというのが本音でしょう。ではどこを選べばいいのかというと、各地方公共団体で行われている相談会などに参加してみて、そこで相談するのがいいかもしれません。その他には、口コミや評判などで判断してみてもいいかもしれません。

債務整理は誰でもできる?

借金で苦しんでいる人は誰でもできるのが債務整理、と思われがちですが、厳密にいえば債務整理の種類、借金の使用用途によっては誰でもできるわけではないのです。
まず、最近CMなどでもよく聞くことのある過払い金返還請求ですが、これは当たり前ですが過払い金がなければできません。ほとんどがクレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れの場合で、一般的な銀行から借り入れをしている場合には過払い金は発生していないのでできません。あくまでクレジット会社、消費者金融から借り入れがある人のみです。
任意整理は、自分でもできるのですが、貸金業者が交渉の場に着かなければ何も始まりません。任意整理はあくまで任意ですから、貸金業者も話し合いに応じなくても罰せられる事はないのです。ただし、弁護士や司法書士に依頼すれば、任意整理を行う旨を通達しますので、請求や督促もストップされますので、基本的に依頼をすれば誰でもできるでしょう。
自己破産に関しては、その借金の原因がギャンブルや浪費と判断された場合には認可が下りない事もあります。また、なかには「どうせ自己破産するんだから、クレジットカードの限度額まで買い物をして、それを現金化して遊びまくる」という人もいます。この場合も事実が判明すれば認可がおりません。
あくまで、債務整理は一般的な生活、質素な生活を送っているにもかかわらず、収入が減ったりして返済が厳しくなってしまった、借金が膨れ上がってしまったという方へ、人生の再スタートをするための救済処置ですから、誰でもできるという訳ではないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする