債務整理をするとクレジットカードも持てない?

債務整理をするとクレジットカードも持てない?

債務整理おこなうと、信用情報機関に事故情報として登録されることになります。通称『ブラックリストに載る』ということになります。という事は、債務整理をするとクレジットカードは持てなくなります。今まで持っていたクレジットカードも使用不可になりますし、債務整理後にクレジットカードの入会を申し込んでも、審査は通りません。ただ、債務整理といっても過払い金返還請求のみの場合は、ブラックリストに載ることはありません。それでも過払い金返還請求を行ったクレジット会社のクレジットカードはおそらくその後は利用できなくなりますし、その後に申し込みをしても審査が通ることはないでしょう。
では、過払い金返還請求以外の債務整理を行えば、一生クレジットカードは持てず、ローンも組めず、すべて現金払いをしなければいけないのか、というとそういう訳ではありません。一定期間を経過すると、再びクレジットカードを持てるようになりますし、ローンも組めるようになります。ブラックリストは、債務整理後の借金が完済してから5年で消えます。そのため、5~7年程度経過すれば持てるようになります。その基準はクレジットカード会社によって異なり、完済していればOKというところもあれば、ブラックリストから消えなければダメというところもあります。
ただ、ブラックリストからは消えますが、債務整理を行った金融機関にはその情報は残されます。そのため債務整理を行った会社ではクレジットカードが持てなくなる可能性があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする