債務整理は誰に依頼する?弁護士?司法書士?事務所比較

自分で

債務整理、というと、司法書士や弁護士に依頼するもの、というイメージがありますが、自分でおこなうこともできます。特に司法書士や弁護士が行わなければいけない、という事がないので、しっかり勉強をすれば自分でも問題なくできるのです。
自分でおこなうことでのメリットとしては、司法書士や弁護士とはいえ他人に家庭の事情を知られることがないということでしょう。また、一番のメリットは費用面です。司法書士や弁護士に依頼すればその着手金や成功報酬でウン十万円という費用がかかってしまいます。ただでさえ借金が多くて困って債務整理するのに、司法書士や弁護士の費用がかかってしまうのですから。自分で行えば特定調停なら印紙代や切手代だけですので1,000~2,000円程度、個人民事再生なら印紙代や切手代の他、民事再生委員報酬を合わせ20~30万円、自己破産は資産がない人は15,000円程度、資産があり破産管財人が必要な場合は20万円くらいです。これくらいで債務整理ができるのです。司法書士や弁護士に依頼すれば、さらに司法書士、弁護士料がかかるのです。
ただ、デメリットとしては、かなり専門的な知識が必要になるので一般人では覚えるのにも時間がかかります。しかも債権者は金融に関するプロですから、いろいろな法律を出してきて言い包められてしまうのが関の山です。ましてや闇金やサラ金業者となると、ヤクザまがいの人と交渉をするのですから、債務整理どころではなくなることの方が多いでしょう。そもそも交渉にすら応じてくれない事の方が多く、時間がかかってしまうでしょう。司法書士や弁護士に依頼すれば、その時点で取り立てや督促は止まるのですが、自分でおこなう場合は手続きが完了するまで止まりません。
このように、自分でおこなう場合には、よほど高い知識がある人でなければ厳しいでしょう。

弁護士

債務整理をする場合、費用をあまりかけないために自分でおこなったり、司法書士に依頼するという人もいますが、一番安心できるのはやはり弁護士です。
弁護士に依頼するメリットとしては、司法書士同様、法律に関するスペシャリストですから、債権者と渡り合っても言い包められてしまう事はないでしょう。特に闇金などを相手となると、どうしても個人では相手になりません。また、司法書士には140万円を超える債務総額の場合、交渉権や訴訟代理権はありません。また、司法書士は自己破産や個人民事再生の申し立てを行うこともできません。そのため、自己破産や個人民事再生の場合には自分で申し立てをしなければいけなくなります。弁護士の場合はそういった制限がありませんから、140万円を超える債務、自己破産や個人民事再生の場合でもすべて代行してくれますから、本人はまかせっきりでOKなのです。やるのは最後にハンコを押すくらいのものです。債務整理を行うという場合、たいていは債務が膨らんでどうすることもできなくなった場合でしょう。そのため140万円以下ということも少ないかもしれません。そのため、最初から弁護士に依頼した方が安心です。
ただ、デメリットとしては費用がかかってしまうというところです。少なくとも数十万円、場合によっては100万円もかかる場合もあります。それでもしっかり債務者のためになる交渉をしてくれればいいですが、弁護士と言っても優秀な人から、ただ名前だけの人もいますから、能力にも差があります。そのため、弁護士選びは慎重におこなわなければいけません。

司法書士

債務整理を行う場合、「自分だけではとてもじゃないけどできない、だけど弁護士は費用が高いって言うし…」と思う方は少なくないのではないでしょうか。そういった過多には司法書士に依頼するという方法もあります。司法書士も弁護士同様に法律に関するスペシャリストですから、自分でおこなうよりも安心して債務整理をおこなうことができます。
司法書士に依頼するメリットとしては、自分でおこなうよりも成功する可能性が高いということです。任意整理、過払い金返還請求の場合には、直接債権者と交渉を行わなければいけません。そのため、個人でおこなうと交渉にすら応じてくれない場合もあります。もちろん、司法書士や弁護士でも交渉に応じない強硬な債権者もいますが、たいていは話し合いに応じてくれ傾向にあります。また、メリットは、やはり弁護士よりも費用が安いというところでしょう。
ただ、デメリットもあります。司法書士には債務整理を行う上で制限があるのです。任意整理や過払い金返還請求について、債務が総額で140万円を超えると交渉権も訴訟代理権もなくなります。実際に、本来なら過払い金が200万円あったのに、交渉が司法書士だったため、債権者に言いくるめられてしまい140万円までしか返還されなかったというケースもあるようです。また、司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所までとなっています。そのため、自己破産や個人民事再生に関しては地方裁判所に申し立てをしなければいけませんので、司法書士ではできません。あくまで申し立てをするのは本人しかできないので、司法書士は書類の作成のみ、アドバイス飲みということになるのです。
また、弁護士もそうですが、司法書士もその依頼する人によって、対応も経験も違います。そのため、より親身になって、素早く対応してくれる司法書士を選ぶのが大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする